08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ご意見へのお返事です。 

こんばんは。
いつもコメントをありがとうございます!
本日、ご返信を急すると存じるコメントを頂戴いたしましたので、そちらに先にご返信させて頂きます。
yulu様へのお返事です。
拍手コメント欄に「公開」としてご記入下さいましたので、サイト上でのご返信を求められていると存じ、
こちらに記事としてお返事させて頂きます。

【追記です】
あと、誤解頂きたくないのは、yulu様に対して敵意を持ってのお返事ではない事です。
yulu様は純粋な疑問とご意見としてコメントを下さったものと理解しております。
私が今までサイトの説明文をTOPに記載しなかった事がyulu様に疑問を感じ取らせてしまったと反省しています。

また、多くの方がこちらの記事をご覧になった結果、コメント欄が「二次創作とは」の討論の場になりそうでしたので、一時的に拍手欄からはコメント頂けない状態にしております。
yulu様にも、yulu様と同じ疑問をお持ちの方にも、どうか私の思いが伝わればいいなと思います。
また、沢山の温かいお言葉を下さった皆様に、心よりのお礼を申し上げます。


以下畳みます。
>初めまして、yuluと申します。最初このサイトを見つけた時に「え?弓先生のイラスト?!」と余りに弓先生の原作通りのイラストで驚きました。最初は凄く嬉しくて、弓先生が書く物語の続きが本物感覚で読めると嬉しかったのですが、二次創作マナーを知って段々考えてきて、「本物に似すぎなタッチのイラスト」はあまりよろしくないと言うことを知りました。その為、二次創作のイラストサイトは沢山ありますが弓先生の絵そっくりそのまま描いているサイト様はほとんどありません。rabiさんはご自身で描かれる時に、どういう意思で原作そっくりそのままに描いているのだろうと考えが聞きたくてコメントしました。2時創作自体グレーゾーンなので本物そっくりの顔・髪型そのままに描いてもいいのかもしれませんが、図書館戦争コミック、弓先生が描かれる作品出版社の白泉社は「二次創作禁止」を掲げています。原作者の有川先生は二次創作する際においての条件を提示しており先生は許可していますがコミック白泉社は禁止です。そんな中、弓先生のイラストかと勘違いしそうな程にそっくりな絵はどうんだろうと思いコメントしました。お考えを聞かせて頂ければ嬉しいです。


yulu様

貴重なご意見を賜りましてありがとうございました。
すべて、yulu様のご意見が正論だと思います。
二次創作という法スレスレの世界に身をおく以上、yulu様のご意見を論破できるお答えは致しかねます。
全て、仰る通りです。

ただ、私の考えは二次創作におけるボーダーラインの認識の違いだと存じます。
一つ一つお返事させていただきます。最後までお読み頂けますと幸いです。

まず、弓先生の絵に似せて描く意図です。
私が弓先生の図書館戦争漫画のファンであり、私自身が弓先生が描かれないような堂郁話を弓先生の絵で読みたいなと思うのが第一の理由です。
図書館戦争に限らず、同人誌や二次創作サイトにおいて、やはり原作のオリジナル絵に沿った絵の方が読んでいてしっくりきますし、私は『二次創作』として好きだなぁと感じます。
自分の中の「図書館戦争と弓先生の絵が好きだ!もっと堂郁に沿った話が見たい!」という思いを形にして、同じ弓先生の図書館戦争ファンの皆さまと楽しみたいとの思いから、弓先生の描かれる図書館戦争キャラのタッチに似せるように描いております。
自分の絵を描くなら、グレーゾーンに身を置いてまで二次創作をしなくても、オリジナルサイトでいいなぁとも思います。
(オリジナルの作風で描かれる二次創作を否定する意図ではございません。
色々な作風の二次創作作品を拝見するのは私も好きです。あくまで、私自身が描く際に楽しめるかどうかという問題です)

二次創作界が出版社側から暗黙されているグレーゾーンに置かれている今、二次創作が原作のタッチに沿った絵がどこまで赦されるのかのボーダーラインは、それぞれの認識に依りますよね。
私の方がyulu様より、その考えが緩く甘い認識なんだなと今回感じました。
勿論、厳しくお考えのyulu様のご意見が全面的に正しいと存じます。
弓先生の絵に、またアニメ絵に似せて描くのはどこまで近づけたらNGなのかも定かではありませんよね。
ただ、私は自分の絵は似せよう似せようと思いつつ描いても、弓先生の絵のクオリティに全く及びもつかないと思っています。
似せようとしてどこまで似なければ許されるかとの線引きも出来ませんので(画力やクオリティに対する各々の認識に拠るものだと思うからです)、私が思うボーダーラインは原作のそのままの転載(コラージュ等)を使用した二次創作、また、二次創作サイトにおける課金だと思っています。
そこを犯すと、いくら趣味のサイトとはいえ白泉社や弓先生に対する重篤な罪だと私は思います。
(勿論、この認識が異なる方もいらっしゃると思います。)

お書き下さった「どうんだろうと思いコメントしました」とのご意図が分かりかねますが、
(当サイトの閉鎖を望んでいらっしゃるのか、他の図書戦サイト様に影響があったらとのご懸念か、弓先生へのご迷惑があるのではとのお考えか、主観的なご意見か)
私は決して弓先生や図書館戦争という作品から伴食する思いはございません。
版権元様にご迷惑にならない範囲で図書館戦争を、そして堂郁を皆さんと一緒に楽しみたいなという思いでサイトを運営しております。

以上が私の気持ちです。
ただこの記事をもって「あ、そうなんですね。分かりました。」とのお答えが頂けるお返事ではないことも存じ上げております。
ただ、当サイトを好きになって下さり、通って下さる方からは
「こちらの記事を見て、気になってLaLa本誌を買いました」や「原作の漫画を読み返しました」とのお言葉をいただく事もございます。
当サイトが一概に版権元様への不利益に組することになるとも言えない部分がある事もご加味頂き、どうか温かく見守って頂けますと幸いです。


rabi

スポンサーサイト

Posted on 2012/05/29 Tue. 18:44 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: --

29

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。